スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2009の投稿を表示しています

Google 日本語入力 を使ってみている

12/3におもむろにリリースされたGoogle日本語入力を使用中。

Google Japan Blog: 思いどおりの日本語入力 - Google 日本語入力
変換自体はかなりよさげなんだけれど、変態キーバインド設定をしようとしたところでつまづいた。

設定が全部英語orローマ字



どうしてこうなった。

とりあえず使いたいけどキー設定できないことには使えないので色々試してリストアップしてみる。

やりたいこと続・変態キーバインドを勧めてみるであげてる
無変換:日本語OFF、変換文字の半角化変換:日本語ON、変換文字の全角英数化ひらがな:変換文字のカタカナ化この辺。

調査覚書モードComposition(組み立て、組織、組成、配合、構成、構図)Conversion(変換、転換、変化、改造、交換)DirectInputPrecompositionPrediction(予言、予報、予想、予測)Suggestion(提案、忠告)
の6種類(カッコ内は英辞郎の訳)
ちなみにIMEのキー設定のモード(?)6種
入力/変換済み文字無し入力文字のみ変換済み候補一覧表示中文節長変更中変換済み文節内入力文字対応付けられるか微妙なのでとりあえずやりたいことの実現を目指す。

入力キー手元のキーボードの印字文字(左)とGoogle日本語入力キー設定の入力キー名(右)を対応
半角/全角→Kana
無変換→Muhenkan変換→Henkanカタカナひらがな→Hiragana
これはローマ字だから分かり難いけれどまぁ何とかなりそう。

Ctrlキー等との組み合わせは
Ctrl KanaShift Kana 等と記述するよう。
コマンド日本語モードのON/OFFのトグル→ToggleAlphanumericMode日本語モードをONにする→代用は出来そう日本語モードをOFFにする→なし
まとめ 使えなさそうorz
日本語モードON日本語モードOFF の個別対応さえされれば使える。

とりあえずIMEに戻しました。

変換候補はすばらしいです。