スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2012の投稿を表示しています

sonictemplate-vim の unite souce を書いてみた

- Big Sky

上記エントリで、 mattn さんが作成・公開されたテンプレートプラグインで用いるテンプレートを、リスト表示して適用する unite source を書いてみました。

plugin自体は導入していたんですが、使いこなせていなかったため、勉強も兼ねて。

便利な差分を書いた!という感じのことをした場合、
こういう独自記事を書くんじゃなくて、pull リクエストを送って評価してもらうのが筋なんでしょうか…
そうするべきという感じであればこのエントリは削除して pull リクエストを送ってみます。

取り急ぎ、非常に恐れ多いのですが、晒してみます。
ざっと探した感じでは類似の物は無かったと思うのですが、既にどこかにあったらすみません。。

- forkして手を加えたリポジトリ
--  https://github.com/kmnk/sonictemplate-vim

- 使い方(ドキュメント追記差分)
-- https://github.com/kmnk/sonictemplate-vim/commit/0aebcc039d55cb2b2fdf43efbe1b5dd118dd3333

unite source に加えて、template を格納するディレクトリを複数指定できるように、少し改造しています。

動作例 :
hoge.pl を新規に開いて base テンプレートを適用した後、 :Unite sonictemplate を実行

オリジナルのpluginに補完関数が定義されているため、template 名の補完は効くようになっているのですが、自分の記憶領域の容量が非常に少ないので、一覧できるととても助かる気がします。 
一段階挟むことになるので、即時性は失われますが、 -input と -immediately を組み合わせてmapを工夫すればそれも克服できる…はず…

ついでに vim script 用のtemplateもちょっと書いてみました。

https://github.com/kmnk/config/tree/master/vim/dot.vim/templates/vim

vim script のtemplateはpull リクエストしても良いかも…と調子に乗りかけています。

以上です。

酷評をお待ち…

git status と git branch ができる unite の source 書いた

書きました。

https://github.com/kmnk/vim-unite-giti

すでに有りそうな気もするんですが、今のところ知らないのと、

http://kmnk.blogspot.com/2011/02/unitesvn-statussvn-diffsource.html

で書くといって既に一年経っているのとで自分で書いてみました。

まだ仕事でがっつり使っていないので、バグや動作不全などあるかもしれません。

昔作った svn と違って何故か vim-unite-git じゃなくて giti なのは、日和っただけで深い意味は無いです。

インストール方法は割愛します。unite.vim 使っている方なら余裕なはずという想定で…

作ったsourceの名前は以下。

giti/statusgiti/branch追記(02/29): READMEには追加しているんですが、sourceをいくつか追加しました。以後は README.markdown を参照してください。
gitigiti/loggiti/config  追記ここまで(02/29)

それぞれ、独自 kind を定義していて、以下のactionを持っています。

giti/status

add
$ git add $FILESrm_cached
$ git rm --cached -- $FILESreset
$ git reset HEAD $FILEScommit
$ git commit $FILESamend ←動作が怪しい
$ git commit --amend $FILEScheckout
$ git checkout -- $FILESdiff
$ git diff $FILESdiff_cached
$ git diff --cached $FILES
git/branch
run
$ git checkout $BRANCH_NAME or git checkout -b $NEW_BRANCH_NAMEdelete
$ git branch -d $BRANCH_NAME
その他、以下の関数を用意しています。key map などして使えるかもしれないです。

giti#branch#delete_force(branch)
$ git branch -D $BRANCH_NAMEgiti#commit#dry_run(files)
$ gi…

2012年の抱負的な何かのつづき

英語をそれなりに読み書きできるようになる
1月中はなんとなく検討しておく2月中に簡単な何かをピックアップして試してみる3月中に英会話に通うか決めて4月頭に決行一ヶ月に一冊文学本を読む
2月中に積んであるのと読みたいのを洗い出す2月から読んでいく


Vim script 5本は公開する
1月中は何か不便に思ったりしたものを片端からメモる2月は上記を実行しつつ、何か書いてみる
他人の OpenSource の何かにパッチを送る
1、2月中は言語とか興味の方向とか検討3月にターゲットを決めてソースを読む4月も読みつつ使う

自社サービスをちゃんと使う
タッチアプリを作る2月中にテストアプリを再作成3月中に簡単なアプリを作る

運動をする
2月中に何やるか決める ランニングか筋トレか水泳か?

色々積まない
積まない物ゲーム技術本文学本食器洗い掃除

身の回りを綺麗に保つ
2月第一週で再度大掃除それ以降は毎日どこか綺麗にする

何かで3回くらいは人の前に立つ
4月までに色々挑戦する。目標以外に。5月以降でネタと挑戦場所を検討していく

2012年の抱負的な何か

年も明けたので。


とりあえず達成したい目標を羅列


- 英語をそれなりに読み書きできるようになる
- 一ヶ月に一冊文学本を読む
- Vim script 5本は公開する
- 他人の OpenSource の何かにパッチ送る
- 自社サービスをちゃんと使う
- 運動をする
- 色々と積まない
- 身の回りを綺麗に保つ
- 何かで3回くらいは人の前に立つ

後やること
- 具体的な小目標を、これくらいできないと人としてダメだろ適なレベル感で決める
- 締め切りを切ってスケジュール立てする
- 最終的に日記にする
- を1/9中にやる

以上を最初の目標にする。