スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2007の投稿を表示しています

絵の練習継続中

一朝一夕で身に付かないとはわかっていてもぱっと上手くなってほしいものですね。

とりあえず男の体に見えるようなおおまかな筋肉の配置は覚えました(´-`)=3

次。遠近法でどの方向でも同じのを描けるようにしてその後形かえて
その後細かい特徴覚えて~~

まぁ本格的な「人物画」を描くわけじゃないので本当細かいことまでやる必要はないんですが
せっかくなのでちくちく勉強しようと思います

実際イラスト描くとしてトレースとか面倒だしタブレットで描く練習した方がいいのかな・・

2007/06/27 01:55
描いてみた。中心線が明らかにななめってずれてるのはご愛嬌('A`)

簡易模型描いて、肉付け。ってなかんじです。
タブ慣れのためにも描くか。

今度は絵の練習

絵はないけど。

上手い人がつらつらと描いたイラスト見ると自分でも描きたくなりませんか。なりますよね。うん

ちょっと基礎からと。
とりあえず人体模型でポーズつけるのをだらだら書いてます
参考書は買った後長らく埃被ってた「やさしい人物画
とりあえず順当に
模型描き→模型に肉付け→筋肉骨皮膚詳細→男女区別
な感じで進む予定です。

飽きなければ。

Strategyパターン

アルゴリズムの実装を外部にカプセル化して交換できるようにするパターン
カプセル化するアルゴリズムに必要な動作をインターフェースに定義して各々実装させる。
型定義が必要な言語ではインターフェース型の変数で受ける。


/**
* Strategyパターンサンプル
* @create 2007/06/15
*/

/**
* Vehicle - 乗物のスーパークラス
*/
class Vehicle
{

private $_speed; ///< 変速を格納する
private $_alarm; ///< 警告音を格納する

/**
* setSpeedType - 引数で受け取った変速を格納する
* @param ITypeSpeed $speed
* @return void
*/
public function setSpeedType($speed)
{
$this->_speed = $speed;
}

/**
* setAlarmType - 引数で受け取った警告音を格納する
* @param ITypeAlarm $alarm
* @return void
*/
public function setAlarmType($alarm)
{
$this->_alarm = $alarm;
}

/**
* dispShift
*/
public function dispShift()
{
$this->_speed->dispShift();
}

/**
* shiftUp
*/
public function shiftUp()
{
$this->_speed->shiftUp();
}

/**
* shiftDown
*/
public function shiftDown()
{
$this->_speed->shiftDown();
}

/**
* alarm
*/
public function alarm()
{
$this->_alarm->alarm();
}
}

/**
* 変速インターフェース
*/
interface ITypeSpeed
{
public function dispShift();
public function shiftUp(…