スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

sonictemplate-vim を denite.nvim で使うための source と kind を書きました

sonictemplate-vim を denite.nvim で使うための source と kind を書きましたこうなってこうなってこう宣言したのでMeguro.vim #9進捗 を出してきましたコメント等合わせても 50行 程度の実装です概要sonictemplate-vimdenite.nvim から呼び出すための拡張用 source & kindを書きました sonictemplate-vim-denite-extensionこれはなに?mattn さんが作成されている sonictemplate-vim の機能を、 Shougo さんが作成されている denite.nvim を経由して呼び出せるようにするための source と kind の実装ですなにができるの?:Denite sonictemplate を execute すると、適用対象テンプレートの候補が denite.nvim のインターフェースでリスト表示されるリストからテンプレートを選択( <Enter> )すると、ソースコードに適用されるそれ :Template でできるよそもそも :Template までが command モードで入力された状態で <Tab> 等を押せば、候補が表示&補完される機能が本家の sonictemplate-vim 自身に備わっているので、必要十分ではありますならなんで作ったの?自分が denite.nvim のインターフェースにかなり依存して Neovim を用いているため、作業中の操作を極力ひとつに統一させておきたいdenite.nvim 上で候補リストを表示することで、候補の絞り込み機能が提供されるため、少し便利になるVimスクリプトコーディングのリハビリを兼ねて書きたかった (Python スクリプトだけど)辺りが主な理由ですなんで fork じゃなく別リポジトリで作ったの?以前 unite.vim 用の source & kind を作ったときは、 Vim があれば使えたので一緒でも良かったのですが(実際当時はそこまで考えてませんでしたが)、今回は denite.nvim 上で動かすということで、動作環境に Python リモートプラグインの環境が必須になっていますそのため、同じリポジトリに…