スキップしてメイン コンテンツに移動

builderscon tokyo 2017 に行ってきた

builderscon tokyo 2017 に行ってきた

builderscon tokyo 2017 (2017/08/03-05) の本編1,2日目に行ってきました

きっかけは rebuild.fm のスポンサー宣伝
YAPC ASIA の系統をついでいるのもあるのか、 コンテンツ はかなり幅のある内容で、誰でも興味のある内容が何かしらあるであろう。な、カンファレンスでした

発表資料は既に タイムテーブル の各詳細ページに大体公開されているので、内容はそちらを参考にしていただければと思います(リンクが貼られていないものも少し有りますが、検索すればどこかに上がってることが多いはずです)

このエントリでは、自分が聞きに行ったセッションがどこだったかのリストとセッション全体についてのざっくりとした感想、及び、カンファレンス自体についてのざっくりとした感想を書いておき、来年以降また開催された時の参加判断の資料にできればと思います

更新履歴

  • 2017.08.07 公開

聞いたセッション

実際にその場に行って、聞いたセッションのリスト

1日目

2日目

聞きたかったセッション

後評判を聞いたりして、聞きたかったかなーと思ったセッション(後でスライド読む)

1日目

2日目

ざっくりセッションの感想

今回は、趣味のコードを書く時にヒントになりそうな気配を感じるセッションをめぐることをコンセプトにして、行くセッションを決めています

実際、全てのセッションで 「あーこれためしてみよー」 的な学びがあり、やりたいことリストが積み上がりました(1日目帰ってから猛烈に イカフェス に参加してたので大分忘れて、今ブログを書きながら思い出している状態ですが)

自分は相当の出不精で、 「休みの日に部屋の外に出て人の波に揉まれるとか頭悪い(真顔)」 とか言っちゃう アレな 人ですが、珍しく1日目終わった後に 「明日も楽しみだなー」 とか思ったり、2日目の朝も最初のセッションどれに出るべきか、ギリギリまで悩んでいたりと、楽しいセッションがかなり多かった印象で、満足感が高かったです

各セッションの人数も、結構分かれていた感じで、座れなかった人とかは殆ど居なかったのではないかな

ランチセッションは、弁当が配布(但し先着順。自分は幸運にも2日とも頂きました)されて、それを食べながら PR セッションを聞く、という感じでした
が、その PR 自体も結構発表者の人が面白いコンテンツを用意しつつ会社の PR をする内容(というより、仕事の宣伝が含まれているだけで普通の発表)だったので、楽しんで聞けたし、弁当も美味しかったので幸福度がかなり上がりました。しあわせ

ざっくりカンファレンスの感想

自分がそういうセッションを選んで聞いて回っていた、というのも多分にあると思いますが、よくあるカンファレンスでは

  • プロフェッショナルな人が、プロフェッショナルな事を話す

というセッションが多いのと異なり、全体的に

  • プロフェッショナルな人が、好きで・趣味でやってる色々な事を話す

というセッションが多かった印象で、今日から自分もやってみたい!という感情が揺さぶられる内容が多かったです

また、カンファレンス自体も、参加者全員がカンファレンスを盛り上げるメンバーになれるように色々仕込まれていて、運営の方々が凄い頑張ってる感をとても感じます


    • エンジニアあるあるな単語が書かれているしゃもじが配られたり
    • 謎のQRコードのようなものが書いてある手提げが配られたり
    • コーヒーカップが可愛かったり
    • Twitterアイコンが両面に印刷された名札が配られたり

会場も日吉駅から徒歩数十秒〜数分の近さで暑い日差しを殆ど浴びずに済み、お肌に優しい感じでした

総じて、良かった

まとめ

builderscon tokyo 2017 、開発者万人に向けて満足度・幸福度高し。来年も行こう

蛇足

自分用メモ

やりたい・試したいことリスト

  • WEBツール作りながら色々やる
  • 機械学習やるときは EC2 GPU インスタンス 使う(ちゃんと使えば自分で GPU 買うより全然安くすむ)
  • 色々やってブログにメモる
  • CircleCI
  • そのうち gaurun 調べる(PushNotificaton サーバーサイド)
  • yacc, goyacc
  • JSON Editor: JSON Schema Based Editor
  • いつかオレオレ言語書きたい
  • 興味ベースで色々始める

自分用当日書いたメモ

後で添付する

コメント

このブログの人気の投稿

git を操作したい時にちょっと便利かもしれない unite-source を書いています

こんばんは。この記事は、 Vim Advent Calendar 2012 の 50日目の記事です。
49日目は、 @uryt さんの vim.orgにアップロードされていないプラグインがあるかチェックするgit-unreleased-vimplugins作った でした。

本日は、長いこと自前で作成している、 unite を利用して 簡単な git 操作を行える unite-source 、 giti を紹介します。

vim-unite-giti
https://github.com/kmnk/vim-unite-giti

これは何?初期構想としては、自分の自分による自分のための git 操作用 unite source です。
現在はドキュメントも書いたので、自分以外の方にも、お使いいただける物になっていると思います。

言わずと知れた unite のインターフェースを用いて、 git の色々な操作を実現するための plugin's plugin になります。
unite を使って git 操作をしたい気持ちになる方に、是非使ってみて頂きたいです。

普段の仕事でヘビーに使っているので、基本的な操作に関しては、この source で(多分)完結できるはずです。

何故作ったの?git の vim plugin と言えば、有名な vim-fugitive があります。

自分も、仕事で使うバージョン管理システムが svn から git に移行したタイミングで、最初は使おうとしていました。
ですが、長らく(こちらも自前の) vim-unite-svn で、バージョン管理システムを unite 経由で使うことに慣れきってしまっており、
差分をコミットするごとにフラストレーションが溜まり、限界を超えた頃、気づくと自前で作成していました。

何ができるの?(自分が仕事を使ってる分には不自由しない程度に)基本的な操作は大体出来ます。

source 名を羅列すると、以下のような物を用意してあります。

* giti/branch, giti/branch_all
* giti/config
* giti/log
* giti/remote
* giti/status

それぞれ、簡単に説明してみます。

giti/branch, giti/branch_allgit branch や git branch -a を叩いた結果を…

のどか(と窓使いの憂鬱)のvim風キーバインド設定を書いてみた

せっかくのどかを購入したのにあんまりキーバインドの改造をしていないので、練習がてらざっくりとvim風キーバインド設定を書いてみました。

多分窓使いの憂鬱でも動きます。動作確認はしていないです。

個人的に以下のキーバインドを先に行っているので、それ前提で見ていただければ。


# CapsLock 単発だと Esc になり、押しながら何かを押すと Ctrl になる
mod ctrl += !!英数
key *英数 = *Esc

# SemiColon を Enter に
key *IC-SemiColon = Enter

# Control を押しながら SemiColon で SemiColon
key *IC-C-~S-SemiColon = SemiColon


で、以下がvim風キーバインド


### vim mode
## vim mode トグル
key C-OpenBracket = &Toggle(Lock0)

## keymaps
# 一行ヤンク
keymap2 LineYankReady
key L0-*S-*C-*A-Y = Home S-End C-C Home

# 一行デリート
keymap2 LineDeleteReady
key L0-*S-*C-*A-D = Home S-End C-X

# 一行カット
keymap2 LineCutReady
key L0-*S-*C-*A-C = Home S-End C-X

# 頑張って一番上まで戻ろうとする
keymap2 GoTopReady
key L0-*S-*C-*A-G = PageUp PageUp PageUp PageUp PageUp

# exモードセーブ
keymap2 ex_mode_save
key L0-*S-*C-*A-Enter = C-S
key L0-*S-*C-*A-SemiColon = C-S # Enter代替

# exモード
keymap2 ex_mode
key L0-*S-*C-*A-W = &Prefix(ex_mode_save)

keymap Global

## vim mode 時の挙動
# default mode (Lock0 : on)
key L0-*S-*C-*A-_1 = &Undefined
key L0-*S-*C-*A-_2 = &…