スキップしてメイン コンテンツに移動

USBメモリでポータブル環境を作る(その1)

USBメモリ。
最近どんどん安くなってますね。異常に。数千円で16GBとか余裕で買えます。

ここ1,2年色々と調べて向上化を図ってるのですが、
このUSBメモリにランチャーやらソフトやら詰め込んで、ポータブル自己環境を作るというアイディアがあります。

似たようなこと考える人は多々居るもので。
ちょっと調べると色々解説してたり、調べたりしているブログや
ポータブル環境でも使える、レジストリをいじらないソフトの紹介サイトなども出てきます。

てことで自己流環境の構築&晒しをやろうかと思います

以下の構築例でも参照しますが、今回参考にしたサイトはこの辺りです

ポータブル自己環境の構築

1.USBの基本設定等

i.USB選び

まず、USBメモリでポータブル環境を作成する上で結構重要なのがUSBメモリ自身の転送速度。
最初に数千円で16GBとか言いましたが、割と休めのそういったUSBメモリだと
アプリケーションを使っている際に、若干動作の重さを感じることがあります。

自分は今
これを使ってますが、贅沢を言えばもっとお高めのものが望ましいかもしれません。

といってもここにお金をかけ過ぎると気軽に持ち運べる携帯環境という感じじゃなくなってくるので、
懐と相談して決めるのが良いと思います。

USBメモリ選びの参考サイトとしては
ここがよさげのようです。

紹介されてるうちの一つ
は、自分が秋葉原で見たとき(2/15)に
  • 1GB:3,180円
  • 2GB:4,680円
  • 4GB:5,980円
を見かけました。

ii.ディレクトリ構成

まぁ、この辺りはひとそれぞれ適当で良いと思うんですが、
自分はUSBメモリをその他のデータの運搬にも用いるので、
リムーバブルディスクルート直下に「portable」フォルダを作成し、
携帯環境関連のファイルは「autorun.inf」以外すべてそちらにまとめるようにしました。

更に「portable」フォルダ内に「icon」「programs」フォルダ、
及び「startup.bat」というバッチファイルを作成し、
iconフォルダ内にリムーバブルディスクの表示で用いるアイコンを入れ、
programsフォルダ内に携帯環境用アプリケーションを入れ、
startup.batに最初に起動したいアプリケーションを書き込んでおきます。

iii.起動設定

USBメモリ内に自己環境を構築しても、
  1. USBを挿す
  2. リムーバブルディスクのフォルダを開く
  3. 起動したいソフトのフォルダを探す
  4. ソフトを起動
  5. 他のソフトも起動する場合は3~4を繰り返す
等をやっていると、最初は便利に感じた携帯環境も
徐々にこのフローの繰り返しがストレスになってきます。

そこで、次に導入するのがスタートアップ。
よく外部メディアの自動実行や、ウィルスの自動感染のために入っている"autorun.inf"を作成し、
携帯環境をスムーズに実行できるようにします。

といっても、一般的な環境ではUSBメモリのルートディレクトリにautorun.infを作成、設定しても
自動的にアプリケーションを実行することは出来ません。
ただし、USBメモリを挿した際に出てくるウィンドウに選択項目を追加することが出来ます。

追加すると
こんな感じになります。
「アイコン」と「『スタートアップの実行』という文言」と「実際に実行されるファイル」を指定することが出来ます。

また、その他にもマイコンピューター等から
リムーバブルディスクを右クリックした際に出てくるメニューに
項目を追加することも出来ます。

で、実際の設定は
こちらを参照して、
[autorun]
open=portable\startup.bat
action=スタートアップの実行
shell\usbOpen=スタートアップの実行
shell\usbOpen\command=portable\startup.bat
shell\usbOpen2=取り外す
shell\usbOpen2\command=portable\programs\UNPP\UnplugDrive.exe
icon=portable\icon\startup.ico

こんな感じの設定を書いたautorun.infを生成し、リムーバブルディスクルート直下に置きました。

詳しくは上記の参照サイトを見ていただければかなり詳しく説明されていますが
簡単に言うと、
  • open:最初のメニューに追加する選択肢で実行するファイルのパス
  • action:最初のメニューに追加する選択肢の文言
  • shell\usbOpen:右クリックメニューに追加する選択肢の文言(その1)
  • shell\usbOpen\command:右クリックメニューに追加する選択肢で実行するファイルのパス(その1)
  • shell\usbOpen2:右クリックメニューに追加する選択肢の文言(その2)
  • shell\usbOpen2\command:右クリックメニューに追加する選択肢で実行するファイルのパス(その2)
  • icon:最初の選択肢や、リムーバブルディスクの表示で指定したいアイコンのパス
のような感じになります。
右クリックメニューにもっと追加したいものが有る場合は、
最後につける数字を3,4...のように増やしていけばokです。

ちなみにUnplugDriveというソフトはUSBメモリの取り外しを補助するソフトで、
このアプリケーションを実行するとUSBメモリの「安全なハードウェアの取り外し」を継続的に試行し、
USBメモリ内で使用しているファイルが無くなり次第取り外しを行います。
また、取り外しが出来ない場合原因となるファイルが表示されるため、スムーズな取り外しが行えます。
先ほど紹介したサイトでも説明しているので、そちらもご参照ください。

また、startup.batは単純にリムーバブルディスクのルートディレクトリから見て
最初に実行したいファイルを実行するバッチファイルを組むだけです。
後で紹介しますが、自分は最初にCraftLaunchというランチャーを起動するので、
cd "portable\programs\clnch"
start clnch.exe
exit
こんな感じのテキストファイルをstartup.batという名前に改名して保存してあります。
これを最初のメニューの実行先として指定することで、直接アプリケーションを実行することが出来ます。
他のアプリケーションも同時に実行したい場合は、
バッチファイルに書き加えていけば複数実行も可能です。

その2では、実際に入れるソフトの紹介と、環境を使う用途や感想などを書いています。
>>その2へ

コメント

このブログの人気の投稿

日記をつけはじめて1年とちょっと経ったまとめ

日記をつけはじめて1年とちょっと経ったまとめ去年(2017)の 1/11 から日記をつけ始め、気づくともう1年以上ほぼ毎日つけていました
まさか習慣化するとは思っていなかったんですが、意外と続いたので一旦まとめておこうと思ってのエントリこのエントリでは どういう手法で続けてきたか続けてきた結果どうなったか などをまとめておいて、自分用の改善材料にすること、及び、このエントリを見た人の判断材料にすることを目的としています…ので、書き始めた主要因である書籍 日記の魔力 については、覚えている内容を参考にする程度で、本自体の紹介はほぼしないです(読み返すのが面倒だっただけじゃないです)まとめ書いてみたら長くなったので、まとめから自分用のフォーマットを整えれば意外と書くのは楽愚痴も悩みもとりあえず文字に吐き出すと精神衛生上良い忘れっぽいと思っていたら、思っていたより数倍物事を忘れていることに気づく万が一興味を持ったら一度 日記の魔力 を読んでみては今後は…これまで通り毎日ログを書くふりかえりの意義を再考して、ちゃんと毎週&毎月ふりかえるようにするふりかえりの中で、どういうログを書いておくと使いやすいか考えて、日記自体も改善する以降、自分のふりかえりも兼ねているため長文ですが、つらつらと書きますきっかけ最初のきっかけは、 Twitter のタイムラインに流れてきたブログのエントリ 思考や行動を改善できる「日記の魔力」とは の引用…だった気がする(この時はまだログをつけていなかったので記録も記憶も残っていない…)ここで紹介されている 日記の魔力 という本を一通り読み、本に書いてあるとおりに 騙されたと思って日記を書き始めてみよう と思ったのが最初の一歩手法記憶が朧げですが、確か本の著者の方の手法はワープロかPCか何かで、毎日のログを隙間時間にファイルに記述する10日に一度くらいのスパンでそれまで書いた日記をふりかえる ふりかえりの中で、自分が人生で追っていきたい主題みたいなものに関連する内容を別のファイルにコピペして貯めていくみたいな形だったはず。色々と細かいルール(天気などの後から調べれば分かることは書かない等)が少しあった気がするけれど、既に覚えていないですそれを基にしつつ、自分の今の流れは以下の様な形に落ち着いています日付毎の1ファイルに、その日の出来事、やったこ…

のどかを購入した

以前以下の辺りの記事
変態キーバインドを勧めてみる続・変態キーバインドを勧めてみるで紹介したように、完全に「窓使いの憂鬱」に依存している自分にとって、
Vistaや7への移行の最大の妨げとなっていたのがVista発表とほぼ同時期に発表されたこの一文。

「窓使いの憂鬱」の開発は終了いたしました。Windows Vista では動作しませんのでご注意ください。

当初はかなりショックを受けたものです。

すぐに有志のパッチが出たりはしたのですが、その後派生プロジェクトとして
のどか[http://www.appletkan.com/nodoka.htm]というものがapplet氏により開発、継続されました。

基本的にVistaでは"デジタル署名のないデバイスドライバは動作しない"ため、フリーソフトのレベルでは限界がありました。
この"のどか"は、シェアウェアであり、いずれ法人化&署名獲得を目指すということで、当時から購入を迷っていたのですが、
この度、めでたく法人化されるということでこの機会に購入。

窓使いの憂鬱をアンインストールし、のどかをインストールしました。

設定ファイルなどは若干の修正が必要なものの、ほぼ今までの物をそのまま使えたため、スムーズに移行することができました。

これで学校のPCや新ノートのVista(そのうち7)でも快適なタイピング環境が構築できそうです。

追記
Vista 64bitの場合、起動時にF8でメニューを出して署名強制を無効にしないと動作しないらしい。
これを調べていなくて学校のPCへのインストールに時間がかかりました。

現在は快調に動作中。
セミコロンエンターがいい感じです。

追記の追記
とうとう署名付き版のv4.10がリリースされたようです。
インストールしてみたところ署名強制無効を行わずに問題なく動作しました。

続・変態キーバインドを勧めてみる

以前 変態キーバインドを勧めてみる で紹介したキーバインドを若干修正したので、改めて紹介。
導入やら詳細は上記に依るとして、現状は

使用ソフト
窓使いの憂鬱(WindowsVista非対応)IMEのプロパティ
キーバインド内容
CapsLock→LeftCtrlセミコロン→EnterC-セミコロン→セミコロンC-h→バックスペースC-[→EscC-無変換→[C-変換→]S-無変換→{S-無変換→}C-ひらがな→\C-ひらがな→|無変換:日本語OFF、変換文字の半角化変換:日本語ON、変換文字の全角英数化ひらがな:変換文字のカタカナ化
な感じになっています。

最後の3つはIMEのプロパティで設定、
その他窓使いの憂鬱を用いた設定内容は、

include "109.mayu" # JIS配列の場合はこちら

# CapsLockをControlに
mod control += 英数
key *英数 = *LeftControl

# セミコロンをエンターに
key *IC-SemiColon = Enter

# Ctrlを押しながらだとセミコロンに
key *IC-C-~S-SemiColon = SemiColon

# Ctrl+Hをバックスペースに
key *IC-C-H = BS

# vi風キー操作
key C-OpenBracket = ESC
key IC-C-OpenBracket = ESC

# 遠いキーを近くへ
key C-無変換 = OpenBracket
key C-変換 = CloseBracket
key S-無変換 = S-OpenBracket
key S-変換 = S-CloseBracket
key C-ひらがな = YenSign
key S-ひらがな = S-YenSign

こんな感じです。

オレンジは今回新しく追加したもの、
青はおおよそ誰にでもお薦めできるバインドです。

赤は、初心者にはお薦めできn(ry なものです。
慣れるまでかなりいらいらしますが、慣れてしまうとタイピングの勢いが何かを決定するたびに止まってしまって逆にいらいらする感じになります。なってます。

窓使いの憂鬱はVistaで未対応と書きましたが、一応後継機としてのどかというソフトが別の方により引き続き更新されており、
そちらは動作するようになっているそうです。

日本語キーボー…