スキップしてメイン コンテンツに移動

EasyStepを使ってみた

長らく放置してましたが復活するわけではなく思いついたら更新ペースを継続。

うそです。出来るだけ何か毎日更新したいとは思っています。思っては。

ということで(どういうことで)
この記事でよさげなマインドマップWebツールがあることを知ったので使ってみて、所感をだらだらと。

その前にEasyStepでぐぐってみたところ、2008年末にはちょこちょこ紹介されてました。
若干乗り遅れ感。手書きまんせーやってるので興味わきにくいってのもあるんだと思いますが。

てことで所感。

1. 見た目

I. 線

見た感じかなり滑らかで、手書き感もあり、詳細設定(太さや色、末端に行くにつれての細くなっていく度合い、カーブの数等等)もでき、手書きと遜色ない感じ。
手書きの場合太線を色付けしようとすると中を塗らないといけないので、インクの無駄の心配もないです。

II. 文字

デフォルトの文字の大きさが非常に小さくて見難いなーと思ったのですが、こちらも設定でデフォルトの大きさを大きく出来、その上であればかなり良い感じです。
ちゃんと線の上に配置してくれるので、手書きのマインドマップと似た仕上がりになります。

III. その他

手書きの場合どうしても書いてるうちに枝が膨らんできた群が他の群を圧迫して細かく醜くなってしまうことがありますが、そこはアプレット上でやってる特性上、枝ごと位置を変えたり、枝を切り取って別の場所に移すなんてことも出来ます。
このあたりはローカルでは出来ない編集ツールならではな感じ。

2. 出力

出力は、PDF、画像、Excelシート、CSVなどが選択できます。
後者の2つは用途がぱっと思い浮かばないので省略。

I. PDF

これはファイルとして共有し易いので、実生活の色々な面で使えそう。
打ち合わせや提案等の内容をEasyStepでまとめて、それをPDF出力して事前に参加者や関係者に渡しておけば考えの理解が深まる・・かもしれません。

II. 画像出力

こちらは、画像そのものを自動生成してくれるもの。具体的には

こんな感じ。

これは記事書く前、普段は紙とペン用意してローカルで書いてるものをEasyStepを使って書いてみたもの。

これ見れば書く前に考えていたことはすべて網羅されてるので、もう記事は必要ないですね。

以上。



そういうわけにも行かないので続き。
画像をそのまま貼り付けられるので、ブログや自分のサイト、何かの記事などで用いる時に使える感じです。

3. 使用感

実際使ってみて、手書きと違うところはやはりスピード。

手書きの場合思いついたら即、線を適当に延ばし、すぐその上に文字を書き、その文字かいてる途中に思いついたことをまたすぐ継ぎ足していく。。と いったように、どんどん考えを拡張・発展させていくことができますが、どうしてもWebのツールを使うとその勢いが阻害されます。

思いついたことを図に表すまでに、
  1. 線を延ばす
  2. 文字を書く
という2段階の工程を、ペン一つで出来るローカル(紙とペン)と違い、マウスとキーボードに乗り換えてやらなければいけません。

慣れれば、どうということはなくなるかも知れないですが、どうしてもここで抵抗感を感じました。

また、無意識に線を延ばして線を書くローカルと違い、「線をひいてー文字を書いてー大きさはこのくらいでー色はこれでいいかなー?」とか考えていると、その間思いつけたことがどこかに飛んでいってしまう気がします。

4. まとめ、用途案

ざっと使ってみた所感をだらだら書きましたが、使用感から考えて、用途としては
  • 既にまとまっている何かをマインドマップに起こす
ことがメインになる感じだと思います。

  • 既に考えを発展させる時に用いたマインドマップが手元にあり、これを綺麗に清書したい、又はWebで共有したい
  • レジュメ等の既に箇条書きなどでまとまっている内容を改めて関係性を考慮したマインドマップに書き直したい
などといった、Web上に存在するというメリットや、マインドマップの見た目の有用性を重視した場合には効果が期待できると思います。

逆に、枝をどんどんつなげていくことで考えを発展させ、無限に広げていくといったような、マインドマップの拡張性を重視する場合、紙とペンを使い、直感で広げていくローカルの方が向いているように思います。

他の用途としてはローカルでは最低限紙とペンを用意しなければいけないところ、インターネットに接続する環境さえあればマインドマップ体験ができる手軽さ から、マインドマップがどういうものなのか、どういう風につなげていき、拡張していくのかといったようなマインドマップへの導入に使えばマインドマップ人 口の増加に貢献できる予感がします。


結局手書きばんざーいな内容になってますが、ソフトウェアではなく、ブラウザ上で動くアプレットでここまでのものが出来るのかーとかなり驚きました。

もしペンタブレットやマウスを用いて、
  1. 適当に枝の先から線をフリーハンドで引く
  2. 自動的にそれなりに綺麗な線(色・太さ)に変換される
  3. 線の上に文字を適当に書く(汚くてもok)
  4. 自動的に文字を認識して清書(色・大きさ)される
なんてことになったらローカルで紙とペンを用意する時代は終わるかもしれません。

誰か作ってくれないかなーな他力本願をしつつ、自分はまだローカルメインでやっていきそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

git を操作したい時にちょっと便利かもしれない unite-source を書いています

こんばんは。この記事は、 Vim Advent Calendar 2012 の 50日目の記事です。
49日目は、 @uryt さんの vim.orgにアップロードされていないプラグインがあるかチェックするgit-unreleased-vimplugins作った でした。

本日は、長いこと自前で作成している、 unite を利用して 簡単な git 操作を行える unite-source 、 giti を紹介します。

vim-unite-giti
https://github.com/kmnk/vim-unite-giti

これは何?初期構想としては、自分の自分による自分のための git 操作用 unite source です。
現在はドキュメントも書いたので、自分以外の方にも、お使いいただける物になっていると思います。

言わずと知れた unite のインターフェースを用いて、 git の色々な操作を実現するための plugin's plugin になります。
unite を使って git 操作をしたい気持ちになる方に、是非使ってみて頂きたいです。

普段の仕事でヘビーに使っているので、基本的な操作に関しては、この source で(多分)完結できるはずです。

何故作ったの?git の vim plugin と言えば、有名な vim-fugitive があります。

自分も、仕事で使うバージョン管理システムが svn から git に移行したタイミングで、最初は使おうとしていました。
ですが、長らく(こちらも自前の) vim-unite-svn で、バージョン管理システムを unite 経由で使うことに慣れきってしまっており、
差分をコミットするごとにフラストレーションが溜まり、限界を超えた頃、気づくと自前で作成していました。

何ができるの?(自分が仕事を使ってる分には不自由しない程度に)基本的な操作は大体出来ます。

source 名を羅列すると、以下のような物を用意してあります。

* giti/branch, giti/branch_all
* giti/config
* giti/log
* giti/remote
* giti/status

それぞれ、簡単に説明してみます。

giti/branch, giti/branch_allgit branch や git branch -a を叩いた結果を…

builderscon tokyo 2017 に行ってきた

builderscon tokyo 2017 に行ってきたbuilderscon tokyo 2017 (2017/08/03-05) の本編1,2日目に行ってきましたきっかけは rebuild.fm のスポンサー宣伝
YAPC ASIA の系統をついでいるのもあるのか、 コンテンツ はかなり幅のある内容で、誰でも興味のある内容が何かしらあるであろう。な、カンファレンスでした発表資料は既に タイムテーブル の各詳細ページに大体公開されているので、内容はそちらを参考にしていただければと思います(リンクが貼られていないものも少し有りますが、検索すればどこかに上がってることが多いはずです)このエントリでは、自分が聞きに行ったセッションがどこだったかのリストとセッション全体についてのざっくりとした感想、及び、カンファレンス自体についてのざっくりとした感想を書いておき、来年以降また開催された時の参加判断の資料にできればと思います更新履歴2017.08.07 公開聞いたセッション実際にその場に行って、聞いたセッションのリスト1日目OpeningDeepLearningによるアイドル顔識別を支える技術ランチセッション A 株式会社VOYAGE GROUPランチセッションB Momentum株式会社マイクロチームでの高速な新規開発を支える開発・分析基盤Goで実装する軽量マークアップ言語パーサー2日目静的解析とUIの自動生成を駆使してモバイルアプリの運用コストを大幅に下げた話小さく始めて育てるコンパイラランチセッション【PR】エンジニアがkintoneを使うべき3つの理由 サイボウズ株式会社ランチセッション 【PR】検索サービス開発が絶対におもしろいと思う理由 Supership株式会社polyglot になろう !!WEB+DB PRESS 100号記念 特別企画聞きたかったセッション後評判を聞いたりして、聞きたかったかなーと思ったセッション(後でスライド読む)1日目Desktop Apps with JavaScript横山三国志に「うむ」は何コマある?〜マンガ全文検索システムの構築RDBアンチパターン リファクタリングLT全部
#builderscon TL が大分沸いていた(残っていた人全員が見ていたのもあると思うけれど)2日目Ionic 3+ではじめる次世代アプリ開発(…

のどか(と窓使いの憂鬱)のvim風キーバインド設定を書いてみた

せっかくのどかを購入したのにあんまりキーバインドの改造をしていないので、練習がてらざっくりとvim風キーバインド設定を書いてみました。

多分窓使いの憂鬱でも動きます。動作確認はしていないです。

個人的に以下のキーバインドを先に行っているので、それ前提で見ていただければ。


# CapsLock 単発だと Esc になり、押しながら何かを押すと Ctrl になる
mod ctrl += !!英数
key *英数 = *Esc

# SemiColon を Enter に
key *IC-SemiColon = Enter

# Control を押しながら SemiColon で SemiColon
key *IC-C-~S-SemiColon = SemiColon


で、以下がvim風キーバインド


### vim mode
## vim mode トグル
key C-OpenBracket = &Toggle(Lock0)

## keymaps
# 一行ヤンク
keymap2 LineYankReady
key L0-*S-*C-*A-Y = Home S-End C-C Home

# 一行デリート
keymap2 LineDeleteReady
key L0-*S-*C-*A-D = Home S-End C-X

# 一行カット
keymap2 LineCutReady
key L0-*S-*C-*A-C = Home S-End C-X

# 頑張って一番上まで戻ろうとする
keymap2 GoTopReady
key L0-*S-*C-*A-G = PageUp PageUp PageUp PageUp PageUp

# exモードセーブ
keymap2 ex_mode_save
key L0-*S-*C-*A-Enter = C-S
key L0-*S-*C-*A-SemiColon = C-S # Enter代替

# exモード
keymap2 ex_mode
key L0-*S-*C-*A-W = &Prefix(ex_mode_save)

keymap Global

## vim mode 時の挙動
# default mode (Lock0 : on)
key L0-*S-*C-*A-_1 = &Undefined
key L0-*S-*C-*A-_2 = &…